To ENGLISH

17/11/06 更新

_____________________
おおかみこどもの花の家 サポーターズ登録
サポーターズは、花の家をより多くの方々に紹介し、より長きに渡り存続させていく気持ちをお持ちの方でしたら、どなたでもメンバーになっていただけます。

_______________
花の家はNPO法人です。
 
 NPO法人というと堅く思われるかもしれませんが、この民間非営利団体と訳される組織は、 みんなの役に立つ事は本当は行政がやってあげたけど、行政は人とお金を用意する事が難しい、 もし、みんなの力でやってもらえるのなら、法人としての組織を作りやすくしてあげたり、税制上の利点もあげるので、是非みなさんでやってみませんか?という趣旨の制度です。

 定例会を開いたり会報を出して、みんなで話し合って進めていくのですが、これらのコストをまかなう為に年会費を頂戴する形になります。

会員になられた方には
・定期的に会報をお送りいたします。季刊発行となっています。
・会員証をお送りいたします。
・定期総会などのご案内をお送りします。
・会員相互の交流事業や会員限定のグッズなどご用意出来ると思います。

 会員の方はNPOの法律上は、法人を構成する社員という位置づけになりますが、基本的な業務は理事会が行いますので、何かの責任が掛かってくるといった事はありません。継続的に会費を納めて頂く事による組織の安定への貢献、とお考え頂ければ分かり易いかと思います。会員相互の交流を行う為の活動も出来ますので、この部分でみなさんにお返しが出来ていければと思います。
_________
法人の定款です。

クリックすると、別ウインドウで開きます。
「特定非営利活動法人おおかみこどもの花の家定款」

________________
年会費は3000円です。
初回入会時に、入会金500円が必要です。
新しく入会される方の金額は 3500円となります。

同一世帯にお住まいのご家族の方も会員になられる場合は、家族会員制度があります。
家族会員の方は一名につき、1000円です
また、初回入会時には一名につき500円が必要です。
(ご家族でお二人の方が会員になられる場合は、3000円+500円+1000円+500円で初回5000円になります)

分かりにくい場合は、登録時にお知らせいたします。
________________
より詳しい説明を用意しました。

 花の家は、映画公開から現在までに一万人を超える方々にお越しいただいています。来場の対象として見た場合、将来的にも全国、また世界中からの来場者が上市、富山 に訪れる事が期待されます。すでに、映画は終わり、後は人気は減っていくだけ、 という見方もあります。ただ、他のアニメの実例を参考にした場合、たとえば、となりのトトロの「サツキとメイの家」は2005年名古屋の愛地球博万博では全てのパビリオン中 最大の入場者数を集め、万博終了後も現在まで毎日ほぼ定員(平日400名程度、土日は700名程度) の入場者数を集めています。また、スイスでは40年前の日本のアニメ、アルプスの少女ハイジの人気で、現在でも村は観光でにぎわっています。
 一方の花の家は「おおかみこどもの雨と雪」がアニメ映画でありながら全年齢層に受け入れられる内容だった事もあり、老若男女分散した年齢層の来場者が訪れています。ただ、高年齢者の来場者でみた場合、ほぼ、富山県近隣からのご来場の方に限られています。これは、アニメ映画のモデル舞台が実際に存在する、という事が世間一般には知られていないからです。富山近隣に住んでいる方の場合、テレビや新聞などで家の存在が広報されています。しかし、全国的に見た場合、家の存在は、殆ど知られていません。今後、TVで映画が放送され、モデルが存在する事が より多くの方に知られる所となり、来場が可能、ぜひどうぞお越し下さい、という事が 周知されれば、今後も多くの方が、上市、富山に訪れて頂ける事と考えます。
 観光地で重要な物は、そのイメージですが、今回は映画という形でその完璧なイメージを貰っています。うまく暖めていければ、今後も相当の長きにわたって多くの人を魅了していける大変な財産になるはずです。
 花の家を実際に残して、公開し活用していけるよう、みなさんのお力をお貸し下さい。

 この家は、映画のモデルとなる前には、みんなの家としてハイカーの方などに開放されていました。 現在でも、3割ほどはハイカーの方のご利用です。もともと、家人の山崎は数年程度のつもりで、家を開放していました。そろそろ、閉めても良いかな、といったあたりで映画の話がもちあがり、 現在に至っています。無限の奉仕が出来れば今と同じ形で家を利用できますが、それは不可能です。映画に先立つ前、この家は「みんなの家」と呼ばれていました。現在は「おおかみこどもの花の家」ですが、みんなの家として、みなさんのご協力を頂き、実際にお力お貸し頂ける道を探さなければ、このまま、おしまいになってしまいます。

 幸い、多くの方のご協力が得られる運びとなりました。NPOの活動の中心になって頂く理事の方も、それこそ全国から集まって頂けましたし、すでに70名程の会員の方の参加も頂いています。
 これからもずっと、花の家でやさしい時間を過ごせますよう、ご協力お願いいたします。


かんたんな説明 Q&A

・山浮ウんの家だから、力を貸して来た、山浮ウんの家ではなくなるの?
  もし、NPO法人になったからといって、山浮ウんが関係が無くなる、という訳ではありません。維持や管理の部分で 山浮ウんが見られなくなる部分をサポートしていく訳で、稗田の山浮ウんのお家である事には変わりありません。また、将来的に家の所有そのものが法人のものになったとしても、それこそ、みんなの家になる訳ですから、今の山浮ウんの関わりが急に変化するという事はありません。逆を言うと、現在の山浮ウんが手を入れれれている 事柄を出来る所から少しずつ肩代わりをしていく、という形になります。
現在は、家賃を払って山浮ウんから借り上げる形にして運用しています。

・NPO法人って何ですか?
  NPO法人とは、民間非営利団体と訳されますが、本来、行政が行ってきたサービスの部分を民間の力でになってもらおうという制度です。本来、地域サポートなどは行政の仕事ですが、予算などの問題により行政が全てに手を入れていく事は難しくなりました。そこで、法人としての資格を与えやすくし、また、税制上の配慮も与える事により、民間の、つまりみんなの力で、みんなにサービスを提供していって下さい、という制度です。

・山負ニ個人のままではダメですか?
  まず、お金の部分の問題があります。限りなく私費を入れ続ける事は難しいとお分かり頂けると思います。また、法人というものがどういったものかと言いますと、簡単に言うと、契約が出来る人格を法の下に保証された仮の人です。たとえば個人と契約をして、その人が万一亡くなったりすると約束が実行できなくなります。対して法人と約束をすれば 基本的には死なない人なのですから安心です。例えば、長期にわたって、お家の修繕などの契約を結んだとします。個人でした約束では、どちらかに何かあれば問題になりますが、法人同士で契約をすればこういった心配はありません。先の法人って何ですか?という問いにもかぶって来ますが、ようは、この死なない人の権利を与えやすくしてあげますから、みなさんがんばってくださいね、というのがNPO法の主旨です。


_____________________
お力添えを頂ける方は、以下のフォームより登録情報をお送り下さい。
個人情報につきましては、諸法令にのっとり、慎重に管理する事をお約束いたします。

フォーム送信後に、お返事のメールをいたします。花の家銀行口座宛に会費のご送金をお願いいたします。
お返事はおおむね、24時間以内にいたしております。数日返事が無い場合は、ご入力頂いたメールアドレスの間違い、こちらからのメールがブロックされている等考えられます。もし、返信が届きませんでしたら、お手数ですが、こちらまでお知らせ下さい。

______________
ご登録頂く個人情報について
ご登録頂いた情報は、本法人の活動および活動に関わる連絡の為に使用いたします。
改正個人情報保護法に沿い、法令、政府通達等に従った運用をいたします。

お名前:

ふりがな:

e-mail:

性別:男性 女性

誕生年:

郵便番号:

ご住所 :

お電話(携帯可) :

お問い合わせ