To ENGLISH

17/11/06 更新

花の家のひみつ 花の家の外観

それでは、玄関からもう一度、庭に出てみましょう。
花の家
正面側は、もうおなじみですよね。

ゆきがこい
ん? こちら冬仕様雪囲いバージョンのお家。写真をクリックすると雪囲いのひみつが全て見られます。

庭の木々
お庭の木々はどんな感じでしょう?

庭の木々魚眼
北側に広葉樹、あとの三方は、おおむね杉の木に囲まれています。

雨戸に写った庭の木
花かあさんの真似をして、お掃除したらピカピカになりました\(^o^)/

庭の南西側から
庭の南西端からです。反対の奥に斜めってる小屋があったのですが、、、

斜めってる小屋跡
劇中では後半まで頑張ってた小屋ですが、雪で残念にも潰れてしまいました。

こやあと
こちら、地区のお米をまとめて精米出来る程の機械小屋でした。お米が作られなくなって、屑鉄屋さんが鉄は全部持って行かれました。小屋の構造の鉄枠も無くなったので、斜めったのでしょうか。

南側
こちらは南側、仏間と客間の壁になります。

ありじごく
仏間裏、地獄絵の裏はアリ地獄さんがお住まいです。

土蔵
奥に土蔵が見えています。

客間の雨戸
家の裏側に回り込んで行きます。軒は補強を入れています。

寝室窓
寝室の窓と、こちらの壁が謎の扉の土壁になります。

土蔵
こちらが土蔵です。今は使っていません。屋根が危ないので修繕を入れたいですが、先立つものが、、、。

勉強部屋、寝室
土蔵前が裏庭になって、寝室と勉強部屋に出入り出来ます。実はここは万年雪囲いで塞がれていたのですが、地元サポーターズのご協力で片付ける事が出来ました。



裏庭
花かあさんが、物干し台を出していた裏庭はこんな感じです。裏庭ですが、東向きなので午前中はお日様が当たります。

裏の2階雨戸
ちょっと高い位置から見て見ました。 ちょっとお洒落な手摺付き。こちらは勉強部屋と寝室の上になります。台所側は手摺が無くてスリリング?~_~;

台所裏
台所の窓です。こちらも雪囲い片しました。劇中では裏庭への扉は正面ですが、こちらは横に扉があります。

お風呂裏
旧台所とお風呂裏です。こちらも軒に補強入れました。

お家裏側
北側の屋根に掛かっていた木の枝を払ったので、裏の屋根も全体が見られるようになりました。

台所ホース
台所流し台へのホース。沢の水、出せます。

北側裏
そして北側に回り込みます。囲炉裏部屋に続く土間の入り口が開いています。

穴だらけの壁
その入り口の上の壁。穴だらけですね、、、実はこれは、、、

あかげら
キツツキの仕業なんですね、、、除けるには網を張るのですが、そうすると
外観上の問題が出るので、穴を開けるのは、ぜひお止めいただきたいです。

寄りかかる杉の木
鳥さんも困りものですが、お庭の木々も大きくなりすぎるとちょっと、、、
おしまいの杉、、、なんて言ってますが、傾いてこないように観測中です、、、

北側家
これで、家の周りは一回りです。ついでですから、この立派な屋根にも上がってみましょう。

屋根の上
花かあさんも修理で上がっていた屋根ですが、3階分ですから高いですね。けっこう
急ですし。庭の木で遠くが見えないのが残念ですね。

瓦
新しく光っている瓦は、雪の重みで割れたのを交換した瓦です。雪解け後に
点検交換しないと、劇中のような盛大な雨漏りになってしまいます。

屋根から納屋
お庭や、納屋はこんな感じに見えます。

屋根魚眼レンズ
囲まれる木々と、屋根はこんな感じです。

なや
お庭に降りて、納屋です。

納屋の中
納屋の中です。
えっ!ええ?!

お家の方は全てご覧いただけますので、こちら秘密の管理棟にさせていただきました。救急箱や非常用の備蓄は、こちらに置いてあります。

おおかみ一号と納屋
花かあさんの自転車風、自転車、おおかみ一号もこちらの納屋に装備です^^

おおかみ一号アップ
古風なブレーキレバーですが、、ブレーキがドラムに強化してあったり、、、ギア内装で坂道対応になったりしています (=´∀`)

おおかみ一号のチャイルドシート
雪ちゃんが乗ってたのと同じタイプのチャイルドシートも付きます (=´∀`)

家前の畑
そして、いきなりの裏山、ではなくて家前の畑です。雨の滴る午後の日はこんな感じです。

畑
花かあさんが耕す前とそっくりの畑です。実は田んぼで、こちらよそのお宅の田になります。
お借りして耕す事が出来ました。耕作の様子はイベントページよりご覧下さい。

畑から家を見る
畑から家を見ると、こんな感じです。
せっかくですので、裏山もご案内しますね。

くますす
裏山には、熊さんもおいでになります。熊鈴用意出来ましたので、ご案内出来ます。熊鈴、お忘れの方は、お家のレンタル熊鈴をご利用下さい。


お家の前の小径よりすぐの所に、登山道の入り口があります。

あしはら
道に入って少し、おおかみフィルターを最大にすれば、ほら、芦原に一本だけの立木が見えるでしょ?!と難易度が高いですが、こちらは山浮ウんの田んぼの跡です。いっその事、本当に芦原にして、大木を一本だけ植えて、、、、、(向こうに沢もありますし、、)

おやま
それとなく、お山が見えて来て。

すぎばやし
そして、こちら杉林です。


実は、ここまで、お家から800m程なのです。雨の日にカッパ(黄色)を着て上がる時は、滑らないように注意して下さいね。

新道入り口
戻って来ました。お家はすぐそこです。この登山道は山浮ウんのお爺さんの名前で呼ばれています。

いえ
道からは、殆どお家は見えません。

こみと
さあ、お家に帰って来ましたよ。

げんかん
玄関に戻りました。コンクリート土間のお約束、三毛猫(?)の足跡にごあいさつです。

花の家の秘密ページの先頭に戻る