To ENGLISH

17/08/07 更新

  
   

 関西電力発電施設・黒部ルート

   お家からの時間

 公共交通機関  3時間くらい

おおかみあいこn
 

さて、このコースは、まずは抽選に申し込まないと始まりません。そして、抽選に通らないと見られないのです。
少し難易度が高いですが、見応え十分ですので、ぜひ長期計画でトライしてみて下さい (=´∀`)

申込みのホームページはこちらです
http://www.kepco.co.jp/corporate/profile/community/hokuriku/koubo/index.html

そして、このルートはワンウェイの行きっきりです。黒四ダムから出発して、宇奈月トロッコ列車駅に到着するか、はたまた、トロッコ列車に乗ってスタートして、黒四ダムに立つかを決めてから申し込まないといけません。
今回は黒四ダムからスタートです。
トローリーバスの運転席からのながめ
それでは、いつも通りにバスに乗って集合地点に向かいます。う〜ん、すでにバスも別世界ですが~_~;

黒四駅駅長室
実は抽選に通ると秘密の集合場所を教えられているのです。「黒四駅長室にてマテ」指令に従い、集合します。

借りたヘルメットを被っている
こっそり秘密の扉をくぐると、、、ヘルメットを貸して下さいます。

トンネルを行く
ここから、地下へと向かいます。一般の方は入れない世界です^^

バスに乗る
用意されたバスに乗り込みます。

バスからの前方の眺め
いよいよ、地下世界へスタートです。

低い天井のトンネルを行く
天井もそれなりの雰囲気で、、、

出口の金網をくぐる
え、、なんか明るい、、、もう出るんですか ~_~;

キリで真っ白
しかも、外は真っ白です(ΦωΦ)

パネルにある写真の剱岳
ええと、本当は剱岳が見えるそうで、しかも普段は見えない後ろ側(上市から見えない方ですね^^:)が見られるという貴重な場所だそうです。今日は写真で我慢^^

トンネル内、遠くにバスがいる
再びバスに戻って

長く続くトンネル
長いトンネルを進みます。

インクライン駅に出る
発着場に着きました。


部屋があります。

インクライン駅の看板
インクラインと書いてあります。

インクラインの車体
実はこの部屋が乗り物なのです。

インクライン説明図面
こんな感じで急斜面の地下トンネルを上下します。

インクライン
ケーブル式なので、途中ですれ違います。こっちはBなので、向こうはAですね^^

インクライン下駅から上を見る
バシューンと発進しそうな感じですが、、、、そうなのです!実はあのエヴァンゲリオンや富山が舞台のクロムクロなどのアニメ作品もここでロケハンを行っていたのです。

インクライン
そう言われてみれば、なんか射出しそうな感じもします^^ 実際はゆっくりなのですが^^

オレンジのトロッコ列車
下の駅には、またまた可愛い列車が待っています。列車が小さいのは、トンネルを大きく掘らないで済ます為なのですね。

図面の説明
さて、この列車にはすぐに乗らずに、こちらの説明を受けます。そう、実は黒四ダムの心臓部に到着していたのでした。

黒四発電所入り口
こちら、黒四ダムの心臓部、発電所。地下200mです。 え〜!

廊下とトイレ入り口
そうなのです、大変な量の降雪に対応する為、黒四の施設は地下深く秘密裏にあるのです。
地下200mのトイレです、、、^^;

黒四発電所発電室全景
昔、教科書で見たような気がしますが、地下巨大空間の発電施設です。

発電機のタービン
発電用の水車も大きいです。

発電制御室
制御室です。が、、、現在は無人で遠隔管理されているそう、、、

ケーブルラック
ケーブルやなにやらのラックを抜けて、、、

水車タービン部屋入り口
こちらが先程の巨大な部屋の地下。っても、全部地下なので、下ですね^^

タービン上部
この下で、先程の大きな水車が回っています。電気バンバンです^^

トロッコ列車
心臓も心臓、その中にまで入らせて頂きまして、先程の列車に戻ります。

トンネルの奥に続いていく線路
列車と同じく、ぺったんこのトンネルが続いています。

トロッコ車内から隣の車両を見る
立てませんよ! 説明を聞きながらトンネルを進みます。

鉄橋の上
途中、鉄橋の上で止まってみます。

キリに囲まれるダム
ダムは黒四だけでなく、三とかもあります。そりゃ、そうですよね^^;
仙人谷ダムです。黒三発電所にお水を送っています。

鉄橋の上からみた流れ
このお水は何処に行きますでしょうか?^^

ドアを開けている
え、ドア開けちゃいますか(ΦωΦ)
えええ、熱いですよ(ΦωΦ)

トンネルの壁が見えている
レンズも曇って来ましたが、かつて「高熱隧道」の舞台となった場所がここなのです。あまりの高熱と難工事により多くの方が亡くなりました。今でも高温の壁面が続きます。

エレベーター入り口
列車を降りてエレベーターに乗ります。よく見ると、列車のままでも載れるようですね。

エレベータに乗った後の出口
上がらずに、、、下がりました^^

トロッコ列車に乗る
またまた、列車に乗り換えます。今度は少し大きいです。

トロッコ列車車内
ん?なんだか、これまでの作業用乗り物に比べて、身近な感じが、、、、、

トロッコ列車内部
そうなのです。このコーナーでも紹介している宇奈月トロッコ列車、コレじゃないですか!

欅平駅
と言うわけで、宇奈月トロッコ列車の終点、欅平(けやきだいら)駅に着きました。
こちらで終了!解散です!
普段は見られない貴重な経験もこちらでお終い^^ 
黒四ダムから案内して頂いた係の方とも挨拶をしてお別れです。

トンネルに戻っていくトロッコ列車
地下から連れ出してくれたトロッコ列車は、普段は行けないトンネルの奥に帰って行ったのでした。
さて、今回のルートは黒四ダムをスタートしましたが、こちらの欅平駅をスタートして黒四ダムに到着する逆のルートも選べます。
みなさんは、どちらを選ばれますか^^?

駅切符売り場
そして、、、ワンウェイルートですので、お家に戻らないといけません。上市に戻るには、富山地鉄の切符を買います。

ばけもののこの車内広告
広告のある車内って、普段の生活に戻りました。
まずは、最初の抽選の運も必用ですが、非日常の体験が出来る素敵なコース。ぜひ富山の旅行計画にプラスしてみて下さい^^


ページの先頭にもどる


きときと舞台モデルにもどる