To ENGLISH

21/07/30 更新

花の家のひみつ 雪囲いのひみつ

ゆきかこいのいえ
どっしりと雪に構える雪囲い。さあ、どうやって、この姿になるのでしょうか?

あまどにたつたけ
実は、夜寝ている間に自動的に、、、な訳は無いので

ぼらんてぃあのひと
たくさんの地元ボランティアのサポーターの方に来て頂いています。

ふといたけはしら
さて、この竹の柱、なにやら番号がありますね。

いえのしるし
そうなのです。実は、お家にはこっそりと印があったのでした。

たけのばんごう
お家の印と、竹の番号を順番に並べていけば、縦の柱が完成するのでした。

ふとたけのかくしばしょ
この太い竹の隠し場所は、南側客間縁側の下。雪の季節までは、密かに仕舞われていたのでした。

よこのたけ
そして、横に渡す細い竹も沢山いります。

なやのやねからたけをだす
こちら、長さがあるので、納屋の屋根裏に隠してあります。

なやのたけかくしばしょ
屋根裏は2箇所口があるのですが、左側は控え室用に天井換気扇を付けたので、右側だけに仕舞います。

横棒を付ける
縦の竹柱に横の竹を縛り付けていきます。縦の竹は軒下に寄りかかっているだけで固定はされていません。

横の竹を縛る
わら縄を使って縛り付けていきます。

縛られた竹
こうですよ。

縛り方を見る
え?どう?

縛り方を教える
あ〜ココはこう、ちゃんとクロスさせて、しっかり縛って、、、

縛り方ムービー
えっと、こうらしいです。写真をクリックするとムービーが見られます。

こもをかける
土台の竹枠が完成したら、こもを掛けていきます。

こものかくしばしょ
こもの隠し場所は、土間の2階です。屋根まで届く2段梯子もここに隠してあります。

土台にコモをのせる
こもは土台の石の縁に乗せていきます。このこもは実は葦簀(よしず)とは違ってススキを編んで作られています。地元伝統の品で、大垂れ(おおだれ)と呼ばれるそうです。殆ど手に入らないのですが、今回は新しい物を探して頂いて、幾つも頂きました。

こもを止める
去年までは、こももナイロン縄で止めていたのですが、ここは一つ便利グッズに登場頂いて、、、
拘束バンドで止めていきます。

表と裏から止める
端以外は届かなくなるので、表と裏から協力して止めていきます。これは仮り止めなので、落ちない程度に止めていきます。

竹でおさえる
端っこまで、こもが掛かると、横棒で押さえます。

竹で押さえる
横に竹を取り付けて、今度はしっかりと固定していきます。

縁側から
縁側の雨戸も、もう春までは開く事はありません。しばらくは、ちょっと暗い冬仕様です。

バンドで止める
ガイドの棒で縄を通す必要が無くなったので、とっても素早く出来るようになりました (=´∀`)

最後まで止める
さて、端っこまで来ましたよ。

端っこ完成
右側完成です (=´∀`)

左側完成
左側はこんな感じで完成です (=´∀`)
こちら側はトイレの壷があります。冬の間、殆ど使わないので開ける必要は無いのですが、一応、開くようにしておきます。

サポーター
サポーターの方々、ありがとうございました。
これで、雪が降っても大丈夫です(=^x^=)

らいん

冬の家の中から
さて、雪が降っている時は、こんな感じになります。

雪の庭
外からだと、こんな感じです。もう雪に押し潰されてしまいそうですが、、、

雪囲い手前
実は、囲いに直接雪が当たる訳では無いのです。なぜ雪囲いが必要かというと、屋根から落ちた雪の塊が跳ねて窓が割れるのです。降り締まって固くなった雪の威力はあなどれません。

らいん

うらにわ
さて、見られないからとか、人手が無いとかの理由で万年雪囲いだった裏庭ですが、寝室と勉強部屋を綺麗にしたので、その時に片付けました。

うらにわ
寝室、勉強部屋側は雨戸があるので大丈夫ですが、台所に雪囲いが必要です。

台所雪囲いの枠
こちらは、大工事はいらないので、ひっそりと枠を取り付けます。

竹をバンドで止める
雨戸の枠にバンドで竹の棒を固定します。

竹をバンドで付ける
反対側も横棒をバンドで止めます。

波板を付ける
と、そこにポリカの波板を、これまたバンドで簡単に、、、

波板をつける
あれよあれよと言う間に、どんどん覆われていきます。^^

波板全部つく
ば〜ん!と完成してしまいました (=´∀`)
竹と21世紀な素材のハイブリッドですし、、、

だいどころからそと
台所も、とっても明るいから良いですよね!ね?

ページの先頭に戻る  花の家のひみつ お庭に戻る